ホーム<フロンティアブログ<新着情報

新着情報

何とかこなしました。

毎年3月と11月は多忙な月になっています。

今年も"日本動物超音波技術研究会""日本ジビエサミット""VFCジョイントセミナー""ベルギー王国大使館主催BFAとのパネルデイスカッション""IMVとの技術交流会""全道経営協議会"と、全社員がたいへん忙しい月となりました。

反面、この月が暇ですと会社として上り坂から下り坂となってしまいます。

普段から時間内に仕事をこなす訓練が出来ていないとパニックになりますし、"ま坂"の危険性があります。

国際交流も簡単にできるようになりましたが、その数も増えてきています。

身体の未病を維持する負荷もじわっと来ています。

フロンテイアインターナショナル K

 

20191128113354.jpg 20191128113440.jpg 20191128113317.jpg
20191128113255.jpg 20191128113236.jpg 20191128113458.jpg

 

冬の華

寒くて暗い冬は欝状態になりがちで、”絶望名言”が生まれやすい時期でもあります。

特にキリスト教が普及している欧米では、クリスマスの時期は教会でお祈りするだけでは暗い雰囲気になるでしょう。

多分、この時期に子どもたちがサンタクロースのおじさんからプレゼントをもらって喜び、更に明るく楽しくするためにコニファーのクリスマスツリーや玄関・塀にイルミネーションをつけ、クリスマスケーキを食べ、クリスマスソングを歌えばこれは”絶望名言”を吹き飛ばす事になるでしょう。

先日北風吹く寒い夜に、孫に付き合って近くの読売ランドのイルミネーションを見に行ってきました。

想像以上のイルミネーションの飾りつけに圧倒されました。今年の冬もなんだか楽しく過ごせそうな気がしてきました。

フロンテイアインターナショナル K

2019111891326.jpg2019111891352.jpg2019111891629.jpg

2019111891721.jpg201911189185.jpg2019111891846.jpg

21世紀懇話会に参加しました

令和元年11月12日(火) 久し振りに駒込の「源気丸」という居酒屋での集まりに参加してきました。

この会は21世紀懇話会といって、まったく職業や世界の違うメンバーが集まり、酒を酌み交わしながら語りあいます。

この会がなければ生涯会えないであろう人たちと社会の出来事を語り合うのは、楽しいし勉強になります。

会全体の傾向としては、高齢の参加者が若い参加者に経験話・考え方について話す傾向があるようです。

久し振りに訪問した駒込は、私の住んでいる振興住宅地と比較しても、下町風情いっぱいで生活感あふれる街でした。

フロンテイアインターナショナル K

20191114101245.jpg 20191114101310.jpg
20191114101330.jpg 20191114101346.jpg

 

いよいよ始まりました!

10月21日(月)から26日(土)まで、オランダアグロビジョン社のピーターブロンズ氏が来日しました。

来日目的はピッグヴィジョンのセミナーでの講演の為です。一回目は弊社主催でオランダ王国大使館で開催し、二回目は新白河での日本養豚学会での講演でした。アンケートの集計結果は全て”満足”と”やや満足”でした。

養豚業界もAI(ARTIFICIAL INTELLIGENCE)の時代に入り、まさにタイミングの良い講演となりました。

世界で普及しているこのAIはむしろ日本が後発になっております。海外の養豚レベルと肩を並べる為には、早急に普及しなければならないと思います。私個人的にはHACCPとセットでこの事業をすすめていかなければと考えています。

どうやら生涯の仕事が飛び込んできたような気がします。

フロンテイアインターナショナル K

20191028133829.JPG20191028133931.jpg

20191028134020.jpg20191028134044.jpg

あの時あの人と会って。。。

10月10日(木)、英国からSALLYさん親子が我社を訪ねてきました。ストーンヘッジに近い所で放牧養豚をしています。利益の追求よりも動物愛護が優先されると強調していましたが、経営の方は楽ではなさそうです。今回の訪日はワールドラグビーイギリス応援の為だそうです。イギリスの予選通過を確認してから一度オーストラリアに行き、再び決勝を応援するために来日するそうです。同道している息子さんは、以前オーストラリアのナショナルチームに所属していたそうです。一緒に写真を撮ると大きいですね!

10月18日(金)、新潟の動薬代理店の懇親会に出席しました。元近鉄捕手と数球団の監督を務めた梨田さんのスピーチを2時間半拝聴しました。どの社会でもそれなりの地位を維持する為には、相当の努力で実現する事を改めて実感しました。普段聞けない裏話も沢山聞けて、楽しい懇親会となりました。スポーツ選手はやはり一緒に写真を撮ると大きいですね!

フロンテイアインターナショナル K

2019102111215.jpg20191021112149.jpg

農業Week 2019

2019年10月9日〔水〕~11日〔金)に幕張メッセで開催されている農業Week 2019〔次世代農業EXPO,6次産業化EXPO,畜産資材EXPO,農業資材EXPO,道工具.作業用品EXPO,ガーデンEXPO)計660社参加の展示会に9日〔水)参加してきました。植物工場ゾーンではLED光線、温度、湿度、CO2管理での年間を通しての野菜の収穫、ドローンゾーンでは肥料消毒剤の空中散布、畜産ゾーンでは電磁波での家畜体重測定器等と新しいアイデアと省力化を強調した商品が展示されていました。海外と国内の展示会に参加するたびに何か新しい考え方や興味ある器材を発見するのが楽しいのですが思い通りに行かないのが殆どです、過去の私の経験として。

フロンテイアインターナショナル K

20191011105824.jpg20191011105936.jpg

2019101111028.jpg2019101111118.jpg

海の幸を満喫!

9月18日〔水)から21日(土)まで青島(チンダオ)へいってきました。訪問目的は、畜産展示会での畜産器材会社との打ち合わせと畜産学会参加の為です。青島は1900年前後ドイツが中国から租借権を奪った為ドイツ風の町が立ち並びステンドグラスの教会や赤煉瓦の洋館がエキゾチックな雰囲気を醸し出し又夏には海水浴場が賑やかになる所です。

新開発地区では、高層マンションが立ち並び近代的なホテルや沢山の國際フオーラムの会場があり、急速に発展した経済が見え隠れしています。逆に急速な経済発展が止まったときの反動はどうなるのかなと日本の過去を思ったりしていました。幸い海鮮料理が好きな私にとって青島は再度訪問したい町の一つとなりました。

フロンテイアインターナショナル K

20199259651.jpg20199259812.jpg20199259924.JPG

201992591016.jpg201992591118.jpg201992591338.jpg

 

 

美味しい豚肉頂きました。

去る9月5日(木)都内竹橋にあるKKビルで開催されたSPF豚協会50周年に参加しました。私自身SPF豚協会の会員であるのと古くからの会員が多く参加するので、参加するのを楽しみにしています。楽しみの中の一つが、いつも会員の生産者が生産する豚肉を提供して頂き美味しい豚肉料理(肉質、料理方法、雰囲気)を頂きながら雑談を楽しむ一時です。昔であれば、これほど永く豚コレラが発生〔約一年)し続けている最中に関係者の集まりに出席するのは躊躇されがちですか今はその気配が感じられません。多分防疫に対する考え方が変化しているからでしょうか。

フロンテイアインターナショナル K

2019910143657.jpg2019910143742.jpg2019910143821.jpg

201991014396.jpg2019910143952.jpg

畜産管理システムセミナーの開催

きたる2019年10月23日〔水)14:30-16:30にオランダ王国大使館 出島ラウンジで、オランダアグロビジョン社の畜産管理システム「ピッグビジョン」のセミナーを開催します。旧バージョンの「ピッグマネージャー」や「ウィンピッグ」を更にバージョンアップした最新のシステムです。

オランダでの普及率は90%にのぼり、世界約8,000ヶ所で利用されています。皆様の養豚経営と世界の養豚経営をベンチマーキングで比較し、弱点項目を発見し、改善してはいかがでしょうか。また農場の繁殖成績向上と省力化にトライしてみてはいかがでしょうか。

私達が日本代理店になって本格的なプロジエクトの始まりです。是非皆様のご参加をお待ちしております。

フロンテイアインターナショナル K

201993151153.jpg

軽井沢とコニフアー

学生時代の後輩が住む軽井沢発地に行ってきました。彼は”アメーラトマト”の生産を大規模に経営してます。アメーラとは静岡弁で”甘いだろ”の意味です。本来静岡がアメーラ生産の中心地ですが暑い夏季は静岡よりも軽井沢の方が涼しく発育しやすいそうです。糖度が80%位あり果物を食べているような甘さです。発育を急ぐと収穫量が増えますが甘さが足りなくなり、発育がゆっくり過ぎると甘くなるが収穫量が少なくなってしまうそうです。グラスハウス栽培での発育速度、温度、二酸化炭素の調整に苦労するそうです。逆に言うとこの点が栽培者の拘りだそうです。

軽井沢を歩いているとなんとなく住居と庭が西洋風な感じがしますが西洋風な別荘にいろいろな種類のコニフアーを植樹している事に気付きました。そうですイタリア北部にこのような家と庭があることを思い出しました。今回の訪問には上皇様の軽井沢訪問と一致して市内の交通規制と日曜日の帰宅で高速道路渋滞に巻き込まれ長時間運転を強いられました。

フロンテイアインターナショナル K

2019826172057.jpg201982617238.jpg2019826172512.jpg