ホーム<フロンティアブログ<新着情報

新着情報

白玉の歯に染み透る秋の夜の。。。。。。

10月18日(木)友人に誘われて地元近くの稲城市にある居酒屋へ行ってきました。梅月というこの居酒屋は大変地元で人気があり事前の予約無しでは入れません。マグロの大トロ、のどぐろ、真いわし、カワハギ、馬刺し、黒鯛の煮付け等を食べながら日本酒(山古志)の熱燗を飲んで秋の夜を大いに語り明かしました(病気と孫の話し抜きで?)。今度は来年一月に北茨城に鮟鱇鍋を食べに行く約束をして解散しました。この楽しみを続ける為にも心と体のコンデイションを未病以上に保たなければいけませんね!

フロンテイアインターナショナル K

2018101910147.JPG20181019101423.JPG20181019101446.JPG

2018101910151.JPG20181019101515.JPG

20181019101545.JPG20181019101558.JPG

 

ぶらり旅

東京渋谷で偶然蘭州らーめん屋さんに行きました。本場の蘭州らーめん程辛くはありませんでしたが美味しく食べました。昔訪れた蘭州を思い出し写真を引っ張り出して思い出にふけりました。とうとうと流れる黄河の河畔に開けた町で、古来シルクロードの中継地として栄え、玄装三蔵やマルコ.ポーロもこの町を通過したそうです。30以上の民族(イスラムが多い)が居住し、豚肉は食べず牛肉と羊を食べ米の代わりに麺を中心に食べています。観光的には白塔山が有名です。

フロンテイアインターナショナル K

201810411748.JPG201810411820.JPG

201810411842.JPG20181041192.JPG

201810411922.JPG201810411934.JPG

イベリコ豚視察

9月17日(月)から9月21日(金)までロンドンからスペインバルセロナへ飛びバルセロナから北西へ車で2時間位ドライブしたピレネイに近いレイダ(LLEIDA)を訪問しました。この地域で5農場で計母豚4500頭(オランダノーエン社)飼育していました。以前は一部トピックスを飼育していましたがスペインをマーケットにするには繁殖成績発育についてはトピックスが優れているが肉質となるとイベリコの方がニーズが高く今は全てイベリコを飼育しているそうです。最上級のイベリコ豚は純粋で放牧しどんぐりを一定期間飼料として与えており、又一般的には舎飼いで雄がデュロック雌がイベリコの交雑種が飼育され市場で販売されています。スペインの料理とスペイン人の気質は日本人に趣向性と相性が合い大いにバルセロナを楽しんできました。

フロンテイアインターナショナル K

201810214113.JPG2018102141121.JPG

2018102141140.JPG201810214122.JPG

2018102141222.JPG2018102141242.JPG

イギリス訪問

9月11日(火)から17日(月)の間に北アイルランド、ロンドン、ケンブリッジ、ニューベリーを訪問してきました。目的は、バークシャーの人工授精所、BPAとのバークシャー情報交換、農場見学、バークシャーショー参加です。希少品種の保存を大切にするイギリスは経済性のみを追及せず人と同じ動物を如何に自然のまま飼育するかにより動物も幸せになり人も人生観の中の一つとして特にイギリスの人々は共感を持つようです。従来伝統的な畜産共進会であったロイヤルショーは経済面で中止となり今年からはバークシャー州で開催されるバークシャーショーが受け持っているようです。イギリスのイングリッシュガーデンは何時行っても綺麗に手入れされ美しい花々を咲かせ大変楽しませてくれます。

2018101125329.JPG2018101125348.JPG

201810112548.JPG2018101125430.JPG

ビッグプロジエクトの始まり!

8月28日(火)29日(水)30日(木)31日(金)9月1日(土)の5日間札幌で4年に一回開催されるWBC(World Bovine Conference)世界牛病学会が開催されました。IMV Imagine(IMV,ECM,BCF)の新会社が展示ブースを設けました。無論日本の代理店である私たちも参加しました。外国から900人日本から800人の参加者がありました。特にBCF社(スコットランド)の製品に人気があり常に人だかりが出来ていました。日本の獣医の方々に超音波の機器をお披露目した以上これから頑張って日本の酪農界に貢献出来るようにと出だしばかりでなく継続的にマーケットを広げられるよう我々の経験を生かして花を咲かせようと。。。。

フロンテイアインターナショナル K

201894162344.JPG201894162356.JPG

暑いやら嬉しいやら!

豚枝肉相場が好調を続けています。

昔から輸入豚肉に対して危機感を常につのらせていますが、数年前から未だに豚肉価格低迷の理由で廃業した養豚場は見当たりません。簡単に言えば生産頭数が増えないからですが、増えない理由は、老齢化による廃業、後継者不足、環境規制の強化、呼吸器系消化器系による事故、夏場の出荷低迷、夏場の受胎率低下等ありますが反面これ等の問題点が少ないところは高利益を喜んでいる事でしょう。

更に効率化を進めるために近代的な器材を導入したりソフトの導入でベンチマーキングを取り入れている農場も増えてきているようです。

消費者に感謝しつつ国内自給率をこれ以上下がらないようGAPの徹底を実施して欲しいものです。

フロンテイアインターナショナル K

201881103424.JPG 201881103535.JPG
201881103624.JPG 201881103647.JPG

 

 

有意義な蝦夷への出張

201871911656.JPG7月13日(金)夜札幌すすき野で牛用超音波機器販売協力代理店の代表と和食料理屋さくら京屋で会食、美味しい料理とお酒で大いに盛り上がりました。この機器も知名度が上がり今後のマーケットの拡大が楽しみです。

7月14日(土)午前8時から9時まで札幌駅前に事務所をもつ会社と種豚輸入の打ち合わせ、その後汽車で帯広へ。

帯広で4年に一度開催されている国際農業機械展に7月14日(土)午後、15日(日)終日、16日(月)午前中参加。私たちの展示したカナダ製弊獣処理機”バイオベーター”に大変人気が集まり新たな製品アイテムが加わった事を確信した次第です。

北海道といえども異状に暑い出張となりました。

フロンテイアインターナショナル K

201871911632.JPG201871911717.JPG
20187191128.jpg20187191149.jpg201871911438.JPG
201871911458.JPG201871911526.JPG

 

フランスでIVOSII精液分析装置の代理店勉強会

2018年6月25日~26日、フランスのIMV社で、世界中の代理店向け「IVOS II 勉強会」に参加しました。

ブラジル、ベトナム、台湾、日本、デンマーク、ポーランド、トルコ、南アフリカ、全部で、8国から9人が参加しました。

IVOS II 精液分析装置の設置、修理及び全ての機能をマスターする為に、参加者の経験と各国の状況を共有しながら、
一生懸命にトレーニングをしました。

これから、日本で、より正確な精液分析方法が普及できるでしょう!

フロンティアインターナショナル エレン

 

pdficon.pngIVOSII 精液分析装置 パンフレット ダウンロードボタンのサムネイル画像

201876143031.jpg

 

IPPS(International Poultry & Pig Show)に参加して

20186414934.jpg5月30日(水)31日(木)6月1日(金)に名古屋金城埠頭で開催された養鶏養豚器材展示会に出品しました。

前回に比べて参加人数も多く弊社が展示した最新のAI関連資材、床材、注射器の展示に大変注目をあびました。

養鶏産業が機械化されてから数十年たちますが養豚産業は機械化へ今正に突き進もうとしています。人手不足、個人技であった技術もコンピューターの応用により誰でも同様の結果が得られるようになりました。今は亡き丹羽太左衛門先生も大変喜んでいる事でしょう。

フロンテイアインターナショナル K

 

20186414154.JPG 201864141855.JPG
201864142240.JPG 201864141028.JPG

 

日本マンガリッツア協会設立に関する定款書類にサイン

3月7日(水)駐日ハンガリー大使館でマンガリッツア種豚の輸入と輸入後の種の保存と維持を遵守する為の日本マンガリッツア協会が設立されました。

弊社も過去輸入実績があることから定款の署名に参加しました。定款式には、ハンガリー側からは、ハンガリーマンガリッツア協会会長、ハンガリー大使、関連政府機関が出席し、日本側からは種豚の飼育者今後輸入希望の団体、輸入業者等が出席しました。

今後直接ハンガリーから種豚の輸入が可能となりましたが検疫方法、輸送方法等いろいろクリアーしなければならない課題があります。

いずれにしてもスタート台に立てたことは喜ばしい事です。

フロンテアインターナショナル K

20183812381.jpg 201838123815.jpg
201838124431.jpg 201838125158.jpg