ホーム<フロンティアブログ

フロンティアブログ

間違いが幸いした富士山麓の旅

恒例の孫との夏休み旅行に出かけてきました。
初日は、あいにく雨模様でしたので室内で遊べるグランパで遊びました(私は殆ど昼寝をしていました)。
そろそろ予約したホテルに向かおうかと車のナビに電話番号を入れましたが想像していたホテルではありませんでした。ホテルに問い合わせると同じホテル名でも住所が違うとの事、計画していたホテルは御殿場の”ときのすみか”の積りが富士宮の”ときのすみか”を予約していました。急遽二日目からの訪問先を変え、大石寺.白糸の滝.朝霧高原道の駅.花鳥公園.東京農大朝霧高原牧場を訪問しました。
三日目は、富士サフアリパークを訪問し帰宅の徒につきました。
若しホテルの予約を間違えていなければ、このような沢山の場所に訪問出来なかったかもしれません。どんなケースでも前向きにとらえることが大切なのでしょうね!
 
フロンテイアインターナショナル K
201782291518.JPG 201782291623.JPG
201782291639.JPG 20178239131.JPG

 

Beautiful Bali (and Gili)

This year I spent my summer vacation in Bali as my mother had the idea to celebrate her 70th birthday there with the whole family. It had been more than 15 years since I visited the country of my roots and we fully enjoyed the local beautiful sceneries, delicious food, and of course being together with the whole family.

フロンティアインターナショナル JW

201781613826.JPG 201781613849.JPG
201781613914.JPG 201781613932.JPG
2017816131323.JPG 2017816131343.JPG

 

家畜輸送のお助けマン!

2017814165919.jpg畜産農家にとって最終製品である家畜を輸送する手段として家畜車を利用します。しかしながら、日本国内においては、発注してから納入までとても時間がかかります。この度、スペインの家畜輸送専門の"NEWNION"社(輸出元)DDI Japan(輸入元)と私ども(発売元)3社で日本市場で販売することとなりました。

主な特徴として、

*北米、欧州、アジア地域に輸出しておりノウハウと経験豊かな家畜輸送車製造専門業者です。

*受注してから、3-4ヶ月以内で納入できます。

*家畜輸送中での動物愛護の考え方を取り入れたお客様のご希望に沿った設計(送風、床暖、入気フイルター、飲水器設置等)が可能です。

*家畜の積み込み、積み下ろし、清掃全て一人で作業できます。

*輸送中、家畜へのストレスを与えない家畜の屠場への輸送、種畜(成畜、仔畜)の輸送にお応えします。

株式会社フロンティアインターナショナル

担当:小林、押田

2017814165932.jpg 201781417019.jpg 2017814165950.jpg
20178141704.jpg 201781417029.jpg

組織の在り方

2017814164741.jpg

イギリス郊外の養豚場の事務所で見つけたものです

  
組織が社会的に社内的に有効に働き時代の変化に対応しながら
継続性が維持される事が望ましいがそれ程簡単ではありません。
 
世界的に見ても、創立100年以上の会社は0.1パーセントにも満たないし創立10年以上でも数パーセントです。
職種にもよりますが、社会的変化に商品がついていっているか、
その商品を開発又は取り扱うのに組織の規模に即しているか、
財務力があるか、トップダウンかボトムアップか、忍耐か
見切りか、有料在庫か不良在庫か、人員不足か過剰人員かを
トップが管理するのかチームで管理するのか。。。
 
これらのマネージメントは優秀な管理職では失敗する例が多い
ようです。ある程度優秀でフインガークロスできる人が
トップにいることが会社の継続に必要みたいですし、
過去も現在も未来も許容範囲の広い組織が
良いみたいです(本屋で立ち読みしました)。
 
 
フロンテイアインターナショナル K
 
 

寄り道

20177119936.JPG7月4日(火)岩手県一関藤沢の農場事務所へ訪問してきました。

折角ここまできたので近くにある館ヶ森アーク牧場に寄ってみようとお邪魔してきました。久し振りに会長とお会いし、しばし昔話や今日までの苦労話を数時間昼食をはさみながら過ごしました。

この牧場を立ち上げる時に、スコットランドから赤鹿を輸入したりニュージーランドから鹿用フエンスを輸入したりドイツからのソーセージマイスターの通訳をしたりオーストラリアへハーブの視察に出かけたりしました。

今回久し振りに訪問してよくぞここまで立ち上げいまや全国展開している会長にはリスペクトするのみでした。今回の訪問機会を与えてくれた藤沢の農場にも感謝感謝でした。

20177119393.JPG 201771191019.JPG 201771193724.JPG

フロンテイアインターナショナル K

 

面白い製品の紹介二つ

*BIOVATOR 弊獣処理機です。

 

パンフレットをダウンロード

 

20177693426.JPG

*ZEPHYR-EXL 仔豚を安楽死させる機器です。

 

パンフレットをダウンロード(英語)

 

20177694324.png

 

これから輸入始まります。 興味あれば、お問い合わせお待ちしております。

フロンティアインターナショナル K

 

Dr.ニエンミの超音波画像診断セミナー

2017年8月28日(九州)、8月30日(北海道)、9月1日(東京)、牛の超音波画像診断において世界的第一人者Dr. Gnemmiがイタリアからセミナーのために来日します。

2017620115014.png

201762011499.jpg講演内容は「牛の超音波画像診断と経済性を考えた診療」です。

昨今は携帯型超音波画像診断装置の普及に
より、牛の繁殖検査の際により多くの情報を得ることができるようになりました。
このセミナーは、超音波画像診断装置の使用法及び画像診断のより深い知識を得る特別な機会です。是非、ご参加下さい。

開催のご案内と申込書はこちらです:pdficon.png

エリザベス女王91歳誕生日祝賀会

201761612037.JPG6月14日(水)pm 6:00 から英国大使館で開催された祝賀会に招待されました。

大使館の中庭でのセレモニーはフオーマルでない気取らない雰囲気で、大使スピーチ、石原伸晃大臣スピーチ、英国人小学校による両国国家合唱、英国人女性人気歌手のポップス等で赤ワインを飲みスナックを食べながら普段にない特別な雰囲気を味わいながらの楽しい一時を過ごしました。201761612652.JPG

参加する前は、世界のあちこちで起こっているテロ騒ぎでひょっとすると今回の祝賀会もキャンセルになるのかなと感じていましたが、とてもハッピリーな一時を過ごす事ができました。普段日本の形式ばった形ばかりの長たらしいスピーチでの祝賀会に慣れている私にとって飽きない中身のある祝賀会でした。

女王の益々のご健勝を祝して!

フロンテイアインターナショナル K

 

2017616115955.JPG   2017616115759.JPG
201761612024.JPG   2017616115920.JPG

 

大阪の帰りに寄り道

先日、大阪での野暮用(?)の帰り道に京都と奈良に久しぶりに庭園散策に行ってきました

季節も初夏ということもあり緑鮮やかで気候的にも爽やかで快晴の二日間でした。何回訪問しても変わらない風景ですがこちらが変わっていますので何回見ても新鮮です。食べ物にもこだわりがあり、訪問する大切な楽しみの一つです。

現代人は近代化の中に住んでおり考えなくとも勝手に何でもしてくれるので思考する習慣が衰えているのでしょうか昔の人は、毎日考えなければならない環境で暮らしているので、このような素晴らしい庭園を感覚、想像、ハーモニーのバランスから長時間かけて造りあげるのでしょうね。現代にはない美があります、だから何回見ても飽きませんし、先祖の人々に感謝と経緯の気持ちを。。。まあ世界中何処でも同様の経験をしていますが。

フロンテイアインターナショナル K

2017691423.JPG   20176914222.JPG
20176914238.JPG   20176914252.JPG

 

英国の旧友来る。

突然英国の旧友から連絡があり今上海にいてこれから東京に行くから会わないかと連絡してきた。彼らはAHDB (Agriculture & Horticulture Development board) に所属し英国の畜産物を海外に紹介する仕事をしている。

20年以上前になるが英国の人工授精技術を日本に紹介するために度々来日していた。当時鹿児島、仙台、東京でセミナーを開催したり農水省に対して英国の豚精液を日本に輸出する交渉をしたりしていた(実際には今年の3月24日に輸入の許可が下りなんとスタートしてから21年の年月を要した)。

帝国ホテルのロビーで合おうということになり、それでは近くにある有楽町の居酒屋で飲もうと"新ひのもと"(英国人がオーナーで又の名を"ANDY'S FISHと呼んでいる)を予約し、美味しい魚料理を食べながら、過去の事、現在の事、これからの事の養豚談義であっという間に時間が過ぎてしまった。これからスタートする輸入精液活動で英国サイドについて大いに協力するということで打ち上げとなった。

これからも一期1会を大切にしていかなければと再認識した次第。

2017522155131.jpg 2017522154955.jpg
201752216033.JPG 2017522155957.JPG

 

フロンテイアインターナショナル K