ホーム<フロンティアブログ

フロンティアブログ

定期開催のJPPAセミナーに参加して

2月15日(金)2月16日(土)に東京大崎で開催されたJPPAセミナーのブース展示に参加しました。岐阜県と愛知県で感染拡大している豚コレラの影響で多くの参加者はキャンセルするのではないかと危惧していましたが実際蓋をあけてみると参加者がセミナー会場を埋め尽くしていました。セミナーの内容が豚コレラとアフリカ豚コレラの講演が多かったせいでしょう。私自身はアグロビジヨン(フアームソフト)と養豚用語事典の販売普及に専念しました.時々セミナーや展示会に参加しますが時間がたつにつれて知り合いが少なくなってきています。この現象は世代交代が進んでいる証拠で寧ろ喜ばしい事だと思います。個人的には、これから春にかけて可能な限り開催される多くのセミナーに参加しようと思います(たとえ迷惑がられても!)。現場の風を肌で感じることはとても大切と思っています。
フロンテイアインターナショナル K

2019218105443.JPG2019218105459.JPG

201921810574.jpg2019218105720.JPG

JPPA

世界をリードするオランダの農業

新しい契約を締結する会社と既に永年付き合っている会社を訪問するために最後の訪問国オランダを1月27日(日)28日(月)29日(火)に久し振りに訪問しました。教会を中心とした古い町並みとそれを取り囲んだ新しい町並みがオランダの町を形成しています。更に以前農地であった土地が工業地帯に変わっている場所が多々見受けられました。今回訪問した契約先も以前あった土地から工業地帯に移動していました。オランダの全生産物の50%はドイツに輸出されているそうです。主に農業器材、生産物が主体となっており全豚肉生産のうち76.2%が輸出されているそうです。

今回訪問したノーエン(豚舎床材、分娩柵)、フアン オッシュ ウデン(柵、餌箱)カンプラン(リキッド フイーデイング システム)、アグロビジヨン(ソフトウエアによる農場管理)も世界の夫々の分野でリードしています。日本の養豚産業にもかなり深く入り込み、常に現状に満足せず畜産の変化を素早く読み取り日夜努力しているオランダの現状を肌で感じることが出来た訪問でした。

フロンテイアインターナショナル K

2019212124458.JPG2019212124518.JPG

2019212124655.JPG2019212124721.JPG

2019212124754.JPG2019212124820.JPG

豚肉の食文化と生産性を考える

先日、鹿児島で豚肉の生産性と味についての検討会が開催されました。食味については国民の食文化で決まり。世界中で共通する食味のランク付けは不可能だしすべきではない。

欧米の加工肉を主体に食べる民族と日本のようにテーブルミートを中心に食べる民族では食味の違いがあって当然である。

欧米では加工肉(添加物も含まれる)が中心であるので当然産肉性と発育が求められる。日本ではテーブルミート中心であるので産肉性、発育よりも筋肉内脂肪含量が求められる。

鹿児島黒豚は当然後者に入るが、今後は両方の特徴を持つ種豚の改良がベストであるが可能かどうか未知数な部分が多いのが現実である。

フロンテイアインターナショナル K

201928115147.JPG201928115216.JPG

201928115241.JPG201928115254.JPG

欧州出張の土日をはさんで

1月26日(土)27日(日)の休日を利用して大昔訪問したアントワープの観光をしました。

あいにくの雨でしたが欧州第2の港町を満喫しました。アントワープの町といえばフランダースの犬(日本版忠犬はち公)、

ダイヤモンドの町、クリエイターの町、ルーベンスの家、市庁舎、ノートルダム大寺院等が有名です。

アントワープ(Antwerpen)の町の由来は、昔、ステルベ川沿いに住む悪いことばかり近住民にする大巨人アンテイゴーンの手を若い英雄ブラボーが切り取り川に投げ捨てたという伝説から”hand(手) werpen(投)げる)"が今日のアントワープ(Antwerpen)になったといわれています。
国際都市だけあってさすがに中華街の中国人や中近東系の外国人が多く若者が大いに楽しめる雰囲気でした。夏に最訪問してみたい町でした。

フロンテイアインターナショナル K

201927123835.JPG201927123854.JPG

201927124034.jpg201927124116.jpg

201927124137.JPG201927124153.JPG

エデインバラ訪問

1月22日(火)23日(水)24日(木)25日(金)とエデインバラを訪問しました。薄暗い肌寒い小雨の中でバグパイプの音色を聞きながらエデインバラ城(Edinburgh Castle)カールトン ヒル(Calton Hill)

聖ジヤイルズ大聖堂(St Giles Cathedral)を訪問しました。無論観光目的の訪問ではありませんので不満を申し立てるつもりはありません。

英国のBCF社がフランスIMVテクノロジー社に吸収され同様にフランスECM社も吸収されIMVイマージン社として発足しました。

このことにより動物関係の超音波機器会社として世界一の会社となり、この会社との契約締結後はじめての世界の代理店会議がエデインバラで開催されました。

風邪をひいての参加でしたが、日本代理店としての今後の明るい展開を予測しながら何とかやり通すことができました。

フロンテイアインターナショナル K 

201925102849.JPG201925103258.JPG

201925103314.JPG

201925103336.JPG

 

 

 

 

 

 

メキシコ観光50周年記念に誘われて!

11月16日(金)から同月27日(火)までメキシコを訪問してきました。今回の訪問が4回目となりますが内容的に最高の旅となりました。メキシコシテイ内の市場.博物館等、テオテイワカンのピラミッド、グアナフアト教会、巨大鍾乳洞見学、ユカタン半島のメリダのマヤ文明、チチエン イッツアのピラミッド、古代都市ウシュマル、セノーテ イキルの泉、フラミンゴ生息地、水上ボートからのマングローブ林見学、カンクン(蛇の巣)のリゾート地等をを訪問しました。宿泊ホテルはスペインの植民地時代の荘園をホテルに改築した建物が多く素敵なクラシックな庭園を見ながら食事を楽しみました。メキシコとアメリカの国境でトラブルが続いていますがマフイアとボランテイアが混在していて私には理解しにくい現状でした。慈悲、愛、信仰心は全く別世界の話になっていました。

フロンテイアインターナショナル K

20181128185532.JPG20181128185814.jpg20181128185844.JPG

2018112818590.JPG2018112819050.JPG2018112819118.JPG

2018112819151.JPG2018112819216.JPG2018112819339.JPG

2018112819723.JPG2018112819757.JPG2018112819826.JPG

 

第八回北海道農場HACCP研究会に参加して

11月8日(木)帯広市内十勝プラザで開催された農場HACCP研究会に参加してきました。道内に農場HACCPの認識がこれほど高まっているのに感激しました。北海道は地域的に積雪地帯なのできちんとした家畜管理をしないといけないという意識が南の地域よりも高いのでしょうね(南は陸軍に対して北は海軍)。又、このことからGAPを中心としたHACCPの手法が受け入れやすかったのではないかと思います。とはいえ皆様場員にHACCP手法を理解してもらうのに苦労されているようです。”危害要因を損害要因の表現に変えること””見えるか運動を取り入れよう”についてアドバイスしてきました。

フロンテイアインターナショナル K

2018111212534.JPG20181112125317.JPG

20181112125330.JPG20181112125342.JPG

商(秋)い(春、夏、冬)!

今年は、暑い夏からいきなり冬に入ろうとしています。まして9月の台風で日本国中に潮風が吹きまくり森や庭の木も紅葉の前に葉が茶色くなり秋の紅葉が綺麗とは云いがたい場所だらけでした。幸い商いの方は何とかクリアー(10月決算)出来ましたがこれからの1年間世界の潮風(TTP,AFC)を浴びても枯れないよう冬の間に充分肥料を与えておこうと思います。取り敢えず11月はメキシコの風を浴びてきます。

フロンテイアインターナショナル K

2018115124549.JPG201811512462.JPG2018115124629.JPG

2018115124648.JPG201811512470.JPG