ホーム<フロンティアブログ<新着情報<英国種豚登録協会 名誉会員に認定されました
新着情報

英国種豚登録協会 名誉会員に認定されました

大変光栄なことに、今年の一月十七日付で【英国種豚登録協会 名誉会員】に認定されました。

長きにわたる英国から日本への種豚輸出、そして永年にわたり交渉を重ねていた、精液の輸入が実現できた功績からでしょうか。

明治時代に日本に種豚が初めて輸入されたのが、英国の種豚(中ヨークシャー、バークシャー(中型種))で、現在の日本の種豚登録規約/審査基準は、英国で使用しているものが使用されています。

昭和40年代から輸入され始めたのが大ヨークシャー(大型種)で、母豚系のランドレースと並んで最も流用されている品種です。

毎年、開催される種豚のショー(ロイヤルショー)では、審査員がロイヤルハットを被りモーニング姿で審査します。その風景は、世界のどの国で見る風景よりも重厚感があり、養豚産業の地位の高さが伺えます。

今ごろ名誉会員になっても…と思いつつ、ひとり心の中にしまって自己満足に浸っているのも…と思っています。

フロンテイアインターナショナル K

202086153839.JPG202086154322.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.frontier-intl.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/254