ホーム<フロンティアブログ<新着情報<コロナ下での再認識
新着情報

コロナ下での再認識

 

銀行関係や他産業の人から“お宅の商売は影響してますか?”と聞かれます。“幸い私共の営業へのダメージは少ないです”と答えています。

多分質問する人は飲食業(3次産業)のダメージを想定して質問して来るのでしょう。言い換えれば私たちの仕事は2次産業に位置し一次産業の皆様と取引をしています。

お陰で普段あまり意識していなかった趨勢を感じることが出来ました。

産業別推移では、一次産業  二次産業  三次産業

昭和35年   26.0% 31.8% 42.2%

平成29年    1.2% 26.5% 72.3%

国内産業が衰退し海外からの輸入無しでは成立できない国となっています。豚肉の自給率が50%を切っているように。

就業者構成比では、一次産業  二次産業  三次産業

昭和35年   48.6% 21.8% 29.7%

平成29年    3.4% 23.8% 71.2%

一次産業が減少し三次産業が約3倍に増えています。三次産業は消費者のいないところでは成立しません、即ちコロナウイルスが活躍する場となっています。+

少子高齢化、健康で安全な豊かな生活は次世代の人にお任せしましょうか!

フロンテイアインターナショナル K

2020722154412.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.frontier-intl.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/252