ホーム<フロンティアブログ<2020年7月

2020年7月

コロナで思うこと

世界中でコロナの発生が終息しそうにもない。当社のような貿易業務を主体としている会社は海外に行けない海外からもこれないで仕事が完結する時間が大幅に伸びてしまっている。買い手も売り手も困っているのが現状。個人的には三密を避けながら生活している積りであるが本来人間は寂しがりやであるがために夏は花火、盆踊り、海水浴、秋はお祭り、体育祭、冬はクリスマス、お正月春はお花見で集まり密になって楽しみ又は宗教を通じて密になっている。コロナ対策は密にならないこと即ち移動の無い食事でコロナ太りになり楽しい行事全てが中止になりコロナ欝になっている。今後世界中の人間が欝になりとんでもないことが起こらないことを願うばかりである。

フロンテイアインターナショナル K

2020728181757.jpg

コロナ下での再認識

 

銀行関係や他産業の人から“お宅の商売は影響してますか?”と聞かれます。“幸い私共の営業へのダメージは少ないです”と答えています。

多分質問する人は飲食業(3次産業)のダメージを想定して質問して来るのでしょう。言い換えれば私たちの仕事は2次産業に位置し一次産業の皆様と取引をしています。

お陰で普段あまり意識していなかった趨勢を感じることが出来ました。

産業別推移では、一次産業  二次産業  三次産業

昭和35年   26.0% 31.8% 42.2%

平成29年    1.2% 26.5% 72.3%

国内産業が衰退し海外からの輸入無しでは成立できない国となっています。豚肉の自給率が50%を切っているように。

就業者構成比では、一次産業  二次産業  三次産業

昭和35年   48.6% 21.8% 29.7%

平成29年    3.4% 23.8% 71.2%

一次産業が減少し三次産業が約3倍に増えています。三次産業は消費者のいないところでは成立しません、即ちコロナウイルスが活躍する場となっています。+

少子高齢化、健康で安全な豊かな生活は次世代の人にお任せしましょうか!

フロンテイアインターナショナル K

2020722154412.JPG

これから求められる共同作業について

昨今の世界的新型コロナ感染拡大により、原則として3密を避けるよう私生活も会社も注意しておりますが、今後もこの状態がしばらく続くと思われます。

このような状態のままで、情報や商品を提供する側と受け取る側がニーズをどのような手段で満足させるかについて社内社外で検討しております。

今のところ提供する側は、国際的ネットワークを利用できる情報を常に収集する(展示会、セミナー、個人面談等の減少により)

受け取る側は、求めるより多くの情報を提供側に知らしめることでしょうか。

まずはじめの作業として、現在のホームページを刷新する意見が社内に強くあります。

そのため、皆様から当社のホームページの作成についてご意見をいただこうということになりました。現場に精通しております皆様からアドバイスをいただければと思います。

フロンテイアインターナショナル K

20207293629.jpg20207293644.jpg