ホーム<フロンティアブログ<2020年2月

2020年2月

未病の春

2月17日(月)112年ぶりに福岡に遅雪が降りました。小田原では早咲きの梅が満開です。人間界はコロナウイルス感染についてメディアが防疫について随時報道しています。

ホテルの部屋で一番、菌やウイルスが付着しているのは受話器だそうです。付着しそうな部分には触れないこと又は定期的に手を洗浄すること。病院で一番、菌やウイルスが付着しているのは医者のネクタイだそうです。人混みや換気が悪い所にはマスクに頼らずそれらの場所に近づかないこと、と単純な工程を日常化することでしょうね。

養豚界はASFの海外からの侵入を心配しています。早急に淘汰基準(罹患農場から半径何キロ以内の農場は強制的に罹患していない農場でも淘汰するなど)が出来れば、少なくとも日本に上陸しても感染の速度を鈍らせることが可能になるでしょうね。このような状況のなかでも養豚生産者の皆様はいつも前向きに取り組む姿勢をもち、予定していたセミナーをキャンセルする事も無く参加している姿を見て‟大丈夫日本の養豚”と勝手な思い込みをしています。

 

フロンティアインターナショナル K

2020220121256.jpg 2020220121235.jpgのサムネイル画像 2020220121334.jpgのサムネイル画像

 

セミナー、展示会シーズンの始まり

2月7日(金)8日(土)9日(日)、東京國際フォーラムで日本獣医学術学会年次大会が開催されました。

この大会は主に犬猫が中心で、家畜は脇役的存在です。

幸い、私たちが展示したIMV imaging社製品の『イージースキャン(牛用)』と『デュオスキャンゴー(豚用)』の新製品の人気は高く、来訪者が少ない中でも実際に使用希望の獣医の方が多かったようです。これ等の製品は精度が高いのに加え、プラクティカルに現場で使いやすいことに人気があります。

2月/3月と展示会が続く中で、私たちの目玉商品が桜の開花と同時に花開く事を心待ちにしています。

新型コロナウイルスによる流行性肺炎も、春に向けピークを過ぎるであろうことを願っています。

フロンテイアインターナショナル K

2020212112725.jpg2020212112740.jpg2020212112753.jpg202021211287.jpg