ホーム<フロンティアブログ<新着情報<畜産分野に入り込んで活躍しているAI(artificial intelligence)
新着情報

畜産分野に入り込んで活躍しているAI(artificial intelligence)

この度オランダAGROVISION社と独占販売契約を締結しました。養豚産業のみならず酪農の世界にも応用できるソフトの利用です。AIの応用は他産業には深く入り込んでいますが畜産分野ではこの会社がトップクラスに入っているそうです。現在のAIの進歩とそれを利用する若い世代層の人々がこれからの畜産界を塗り替えていく事になります。私達が会得した技術や経験も重要ですが現実に世界を見つめてみると”GOLD AGE”は”YONG AGE”に従った方が正解かもしれません。

”ペンと紙がいらない””情報の時間と距離の短縮””情報分析の種類を瞬時に解析”をしてしまうそうです。またしても私の入り込む隙間が減っていきそうです。

フロンテイアインターナショナル K

2019212124655.JPG20193612547.jpg201936125444.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.frontier-intl.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/192