ホーム<フロンティアブログ<2019年3月

2019年3月

最後の講演かも!

豚肉研究会が3月19日(火)東京綿商会館で開催されました。2番手に”今日までのハイブリッド豚への推移と、これからのハイブリッド豚はどこへ向かうのか”のテーマで約一時間講演しました。とはいえ主に私の豚に携わっての55年間について”海外からの種豚導入、ハイブリッド豚の導入と肉質について、人工授精の普及、HACCPの普及”を中心に話しました。このセミナーの中で豚の生産性と肉質を今後どのように日本の食文化の中で消費者に応えていくかが大きな論点となりました。自給率50%の日本での供給体制を、つまり生産性のある豚は加工肉用の豚肉になり生産性のない豚はテーブルミートとして今後進んでいくのか正にイギリスの養豚生産と消費事情と同じになるのか科学的根拠での講演、精神面での講演と大変面白いやり取りがありました。

フロンテイアインターナショナル K

2019320103726.JPG2019320105440.jpg

VIV参加報告会。

3月13日(水)14日(木)15日(金)にバンコックで開催されたVIVアジアに参加した当社職員からの報告会がありました。

開催されるごとに当社から誰かが必ず参加します。その理由として世界中の取引先が一箇所に集まることから僅か3日間で内容の濃い時間を過ごせるからです。

いつもの事ながら日本からの参加者は少なく欧米での展示会に比べて飛行時間も少なく気候もよく美味しいタイ料理が食べられるVIVへ何故参加しないのか不思議でなりません。機材関係の展示は少なく飼料薬品関係の展示が多くを占めていたそうです。当社との取引関係の主な会社は、ノーエン豚舎の床材(オランダ)、IMVテクノロジー人工授精機材関係(フランス)、IMVイマージン超音波機材UKフランス、AGROVISIONフアームソフトオランダ、BPA種豚登録UK他数社です。数年後もこの業界で行きぬくためにはこのような活動が必ず生きていくと信じようと報告会の締めをしました。

フロンテイアインターナショナル K

201931815475.jpg2019318154724.jpg2019318154756.JPG

2019318154820.JPG2019318154857.jpg201931815502.jpg

喜ばしい出来事。

功労賞③.JPG

功労賞①.JPG

功労賞②.JPG

2019年3月12日(火)麻布大学で開催された第110回日本養豚学会で養豚功労賞を受賞しました。受賞の挨拶の中で今年で豚とお付き合いをして55年になり過去から現在までのいろいろな変遷をお話しました。特に若い学会員の皆様に知らない過去の話を興味を持って聞いて頂きました。純粋種豚輸入全盛期の話、ハイブリードブームの到来、自然交配から人工授精への移行、HACCPの普及、これからのAI(artificial interigence)の普及について、ある意味HACCP理事退任の時と同様人生の総纏めのような気持ちで話しました。"死生一如"的な発想でいくと大変喜ばしい受賞でした。

フロンテイアインターナショナル K

畜産分野に入り込んで活躍しているAI(artificial intelligence)

この度オランダAGROVISION社と独占販売契約を締結しました。養豚産業のみならず酪農の世界にも応用できるソフトの利用です。AIの応用は他産業には深く入り込んでいますが畜産分野ではこの会社がトップクラスに入っているそうです。現在のAIの進歩とそれを利用する若い世代層の人々がこれからの畜産界を塗り替えていく事になります。私達が会得した技術や経験も重要ですが現実に世界を見つめてみると”GOLD AGE”は”YONG AGE”に従った方が正解かもしれません。

”ペンと紙がいらない””情報の時間と距離の短縮””情報分析の種類を瞬時に解析”をしてしまうそうです。またしても私の入り込む隙間が減っていきそうです。

フロンテイアインターナショナル K

2019212124655.JPG20193612547.jpg201936125444.jpg