ホーム<フロンティアブログ<新着情報<世界をリードするオランダの農業
新着情報

世界をリードするオランダの農業

新しい契約を締結する会社と既に永年付き合っている会社を訪問するために最後の訪問国オランダを1月27日(日)28日(月)29日(火)に久し振りに訪問しました。教会を中心とした古い町並みとそれを取り囲んだ新しい町並みがオランダの町を形成しています。更に以前農地であった土地が工業地帯に変わっている場所が多々見受けられました。今回訪問した契約先も以前あった土地から工業地帯に移動していました。オランダの全生産物の50%はドイツに輸出されているそうです。主に農業器材、生産物が主体となっており全豚肉生産のうち76.2%が輸出されているそうです。

今回訪問したノーエン(豚舎床材、分娩柵)、フアン オッシュ ウデン(柵、餌箱)カンプラン(リキッド フイーデイング システム)、アグロビジヨン(ソフトウエアによる農場管理)も世界の夫々の分野でリードしています。日本の養豚産業にもかなり深く入り込み、常に現状に満足せず畜産の変化を素早く読み取り日夜努力しているオランダの現状を肌で感じることが出来た訪問でした。

フロンテイアインターナショナル K

2019212124458.JPG2019212124518.JPG

2019212124655.JPG2019212124721.JPG

2019212124754.JPG2019212124820.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.frontier-intl.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/188