ホーム<フロンティアブログ<新着情報<イベリコ豚視察
新着情報

イベリコ豚視察

9月17日(月)から9月21日(金)までロンドンからスペインバルセロナへ飛びバルセロナから北西へ車で2時間位ドライブしたピレネイに近いレイダ(LLEIDA)を訪問しました。この地域で5農場で計母豚4500頭(オランダノーエン社)飼育していました。以前は一部トピックスを飼育していましたがスペインをマーケットにするには繁殖成績発育についてはトピックスが優れているが肉質となるとイベリコの方がニーズが高く今は全てイベリコを飼育しているそうです。最上級のイベリコ豚は純粋で放牧しどんぐりを一定期間飼料として与えており、又一般的には舎飼いで雄がデュロック雌がイベリコの交雑種が飼育され市場で販売されています。スペインの料理とスペイン人の気質は日本人に趣向性と相性が合い大いにバルセロナを楽しんできました。

フロンテイアインターナショナル K

201810214113.JPG2018102141121.JPG

2018102141140.JPG201810214122.JPG

2018102141222.JPG2018102141242.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.frontier-intl.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/177