ホーム<フロンティアブログ<新着情報<英国からの豚精液輸入解禁
新着情報

英国からの豚精液輸入解禁

201745131726.JPG

先日英国の種豚協会(BPA)事務局長の Mr Marcus Bates が来日しました。

目的は最後のMAFFとの英国からの豚精液輸出交渉です。彼は21年前に英国に向けて豚精液輸入交渉の進め方について私がフアックスしたコピーを携えていました。そして、ついに21年ぶりに2017年3月24日に輸入解禁となりました。彼、英国大使館、私共関係者大喜びとなりました。

これからは、日本のPS母豚改良のための経済性とスピード化に向けて早速その作業にスタートし始めました。英国の豚精液での改良に興味のある方は私どもまでお問い合わせ下さい。

フロンテイア インターナショナル K

201745131321.JPG 201745131351.JPG 201745131427.JPG
201745131530.JPG 20174513161.JPG 201745131825.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.frontier-intl.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/120