ホーム<フロンティアブログ<2016年5月

2016年5月

灯台もと暮らし

2016530103620.JPG先日娘に誘われて皇居の中を散策してきました。

当然事前に見学許可を取っていなければならないのですが、今回は外国人を含めて130人ぐらいの見学班となりました。東京に住んで約70年位になりますが、皇居なんて私の庭ぐらいに思っていました。

実際、中を説明を聞きながら見学してみると知らないことばかりで徳川
フアミリーの偉大さに改めて敬服する次第。当時はこの江戸城築城に
当たり地方の大名や平民の負担は大変なものだったであろうと推測する
次第、今となっては国のシンボルと同時に観光資源に大変貢献している
のは、ドイツバイエルン地方のルートビッヒ2世が税金をつぎ込んで
ノイシュバイン城を始め次々と栄華な建築物を構築していったのを
思い出します。但し彼は暗殺されましたが徳川フアミリーは誰も暗殺されていません。世界に誇る偉大なフアミリーに改めて感銘した次第。

フロンテイアインターナショナル K

養豚学会功労賞受賞祝賀会

平成28年5月14日(土)オークラフロンティアホテル海老名で八日市屋敏雄さんの祝賀会が開催されました。

この功労賞受賞の候補者として八日市屋さんを推薦したのは私です。ついでに祝賀会の発起人にもなり無事盛会に終了することが出来ました。
八日市屋さんとは養豚関連の仕事を挟んでとても長いお付き合いです。過去米国へ種豚の購買や視察に何回も出かけバンコックで開催されたVIVアジアの機材展へ出かけたり豚舎建設のお手伝いをさせて貰いました。まさに現場と学問の実学をされてきた方です。

20160518_養豚学会功労賞受賞祝賀会_1.jpg

昔懐かしい知り合いが100余名集まり2時間半があっという間に過ぎてしまいました。改めて人の付き合いが大切かを痛感させられた次第です。


20160518_養豚学会功労賞受賞祝賀会_2.jpg
フロンテイアインターナショナル K

 

韓国からの飼料原料「キトオリゴ糖」の輸入開始!

キトオリゴ糖 (chito-oligosaccharides) とはカニやエビの殻から抽出したキチンを脱アセテル化してキトサンを製造。そのキトサンを酵素反応させ、キトオリゴ糖を製造したものです。
キトオリゴ糖.png

中国、韓国では既に豚や鶏に幅広く利用されていますが、日本ではこれが初輸入となります。

ブロイラー 一日令から出荷まで、レイヤー 産卵開始から産卵終了まで、母豚 分娩一ヶ月前から離乳後35日まで、子豚 離乳前後から離乳後14日までに使用されます。

抗生物質使用規制が強まる中この製品が日本でヒットすることを期待してます。

フロンテイアインターナショナル K