ホーム<フロンティアブログ<2015年12月

2015年12月

長いお付き合い・ホドソン博士セミナーチャレンジ2015

20151113_千葉ポークセミナー.jpg

先日千葉県酒々井で開催されたホドソン博士セミナーチャレンジ2015年に弊社職員エレン・ドウシャと参加してきました。

 Dr.ホドソンとは彼が南イリノイ大学で教鞭をとっていた時(1981年)以来のお付き合いです。相変わらず元気に海外出張をこなしているのには、敬服するのみです。当時アメリカでは豚の人工授精普及率0からスタートしました。当時は彼のAI技術よりも種雄の選抜をする経験が生かされ能力的体型的に優れた雄の精液を求めて全米の生産者から支持され途中PRRSやPEDの侵入を受けオールアウトしたりして大変な苦難に晒されましたが今日では日本を含めて海外にも多くの希釈精液凍結精液を輸出しています。

 最近は、後継者のDr. Nick Berry にCEOを譲り顧問として在籍しているそうです。午前中センターでアドバイス等をして午後はゴルフに興じている(笑)とのことです。夏にはアイオワで一緒にプレー出来ればなと思っています。 

 
フロンテイアインターナショナル K

房総の旅

バトミントンの仲間と恒例の日帰り旅行に行ってきました。今回はJRで新宿ー千葉ー木更津ー鋸南ー千葉ー成田ー東京ー武蔵小杉-登戸の道程です。

今回のメインの出し物は、鋸南での近海の新鮮な魚、成田山お参り、うなぎの蒲焼でした。

時期的に何処も閑散としており私たちにとっては、エンジョイできるい余裕のある一日でした。知っている積りが知らないことばかりでゆっくり旅の味わいを改めて満喫した一日でした。

フロンテイアインターナショナル K

20151218_房総の旅_1_thumbnail.JPG 20151218_房総の旅_3_thumbnail.JPG 20151218_房総の旅_5_thumbnail.JPG
20151218_房総の旅_4_thumbnail.JPG 20151218_房総の旅_2_thumbnail.JPG 20151218_房総の旅_6_thumbnail.JPG

 

浄土真宗の教え

12月15日(火)茅ヶ崎斎場で執り行われたお通夜に行ってきました。私の元上司であり仲人をして頂いた方です。87歳だったそうです。夜中にトイレに行きベットに帰ってきた途端命終したそうです。前の晩にはキチンと食事をとっていたそうです。まさにピンピンコロリだったそうです。この元上司の生き方を振り返りますと本当に大変な時代を楽しく生きてきた方と思います。

慶応大学獣医学部(今は無い)を卒業され戦後の畜産の発展に大変貢献された方です。競走馬、乳牛、ブロイラー、綿羊、種豚の輸入を手がけ、この世を楽々楽しく生きていて常に帽子(祭壇には何種類かの帽子が飾ってありました)を被りとてもハイカラな方でした。

20151216_浄土真宗の教え.png

”この世の始中終(誕生.成長.命終)は、幻のような一生”と云われておりますが、浄土真宗の教えで今後は仏様にお任せし、私もピンピンコロリの人生を送りたいものです。

 

フロンテイアインターナショナル K

FUJISAN MARATHON 2015

Invited by a good friend of mine, I decided in August to participate in my first marathon ever, the Fujisan marathon... The practice time of 3 months was actually too short and I started getting pain in my left knee in November. Anyway, the Fujisan marathon started at 9am with a temperature of 2 degrees which felt very cold. The running went smoothly until 22 km, when there was a grueling elevation of 1km. Not only my left knee but also my right knee started to feel painful. And to make things worse I also started to get cramp in my thigh... My body was screaming to give up but if the mind is strong, you can overcome a lot. The elevation did have an effect on the remainder of the run though as my speed decreased drastically after. But in the end, I reached the finish after 05:49:56, ten minutes before the time limit. My whole body was hurting after the finish so it will take some time to recover. Thank you all for the support and many thanks also to the great organization and Japanese locals/volunteers who supported the runners during the marathon!!

フロンティアインターナショナル J.W.

2015122172856.JPG 2015122172929.JPG 2015122173045.JPG
2015122173016.JPG 2015122173115.JPG 2015122173213.JPG
2015122173242.JPG 2015122173310.JPG 2015122173335.JPG
201512217344.JPG 2015122173434.jpg