ホーム<フロンティアブログ<2014年10月

2014年10月

ジェル付AIカテーテル「ゴールデンシルク」

2014101615934.jpg

この度、フランスIMV社からジェルをスポンジに染み込ませているカテーテルを輸入販売することになりました。このことによりカテーテルを子宮頸管へ挿入するのにとてもスムーズで且つジェルを塗布する行為がなくなり使い易く、衛生的にAIが出来ます。特にスイス、フランス、ドイツで急速に普及しているとのことです。日本でも数十件の養豚場でテストしましたが上々の評判です。

”いつもの仕事があるうちに新しい仕事を創り出さなければならない”といいますが、価格的にもジェル付でないカテーテルと比較しても同等又は安価な為、きっとヒット商品となるでしょう。

フロンティアインターナショナル K

フロリダ州マイアミビーチ

寒いウイスコンシンから暖かいフロリダに飛んでみました。ハワイは、東洋系の観光客が多く半分日本半分アメリカという感じですが、ここマイアミは半分中南米半分アメリカという感じです。日常の会話はハワイでは英語ですがマイアミはスペイン語がほとんどです。よってアメリカではなく他の国に来たようです。食事も魚を中心としたものが多く日本人の口にはとても合います。但し観光地マイアミ価格でとても高い価格のメニューとなっています。

今更、海水浴もする気がなく一日バスとボートで観光をしました。

途中リトルハバナでモヒートを飲みながら中南米の雰囲気を十分満喫しました。

フロンテイアインターナショナル K

2014107145724.JPG 201410714582.JPG
2014107145832.JPG 2014107145859.JPG

 

 

World Dairy Expo

2014107133959.JPG

毎年9月10月を挟んでウイスコンシン州マデイソンで開催される搾乳牛(主にホルスタイン)の共進会を訪問してきました。出品する搾乳牛の数、関連会社の展示ブースの数、常設の審査会場の大きさ等規模の大きさに驚くばかりでした。過去のホルスタインのタイプはカナダは体長、体高があり横から見ると素晴らしい体型ですが後ろから見ると幅がない、アメリカは背線はきれいでないが後ろから見ると幅があり秘乳能力がある、という印象がありましたが今回牛の体型を見ていると今も同じタイプを理想としているように感じました。当日共進会場で学生が審査の勉強会をしていましたが若者を教育する姿勢が感じられました。

昔はアメリカも欧州も牛乳の味が濃くて美味しかったのですが今は味が薄く(健康のため脂肪含有量を下げている)美味しく感じません。むしろ日本の方が美味しく感じます。このように感じるのは私だけでしょうか。。。

フロンテイアインターナショナル K

2014107133857.JPG 2014107133931.JPG

ウイスコンシン州ミルウオーキー ステイト フエアー

9月下旬に久しぶりにステイト フエアーを訪問して来ました。ステイト フエアーは全米各州に会場があり農家や市民が農業に親しむために昔から開催されています。 専門的に特化した農業の機材展や家畜別の共進会もありますが、このフエアーは市民のためのお祭り的要素が中心になります。普段町の生活に慣れている人にとってなんとタイムスリップしたようなギスギスした社会から隔離されていて人々の顔の表情もほのぼのとしています。本来ならばこの時期はかなり冷え込んでいるのですがこの日は、季節はずれの暖かさでした。

フロンテイアインターナショナル K

201410611534.JPG 2014106115346.JPG
2014106115418.JPG 2014106115458.JPG