ホーム<フロンティアブログ

フロンティアブログ

あらためて通勤環境に感謝

1月22日〔月)関東地方は何年ぶりかの大雪に見舞われました。北海道や日本海側ではニュースにもならないのに大事件が起きた如く報じています。起こった現象に人々がどの程度困ったかによってニュース生の価値が決まってくるのでしょうね。去年の夏には北海道が沖縄より気温が高くなった日がありました。暑いだけで電車が止まったり高速道路が閉鎖されたりはしないのでニュース生は関東の大雪より小さくなります。過去には何回か通勤時のトラブルに見舞われ苦労したものですが、現在の通勤環境は自宅から事務所まで5分しかかからず通勤の苦労は一切ありません。従って出張に出かけるのに尻が重くなってきているのも事実です。

フロンテイアインターナショナル K

2018123135114.JPG2018123135136.JPG

中国畜産経営者100周年記念日本畜産企業見学訪日団交流会

1月9日(火)から13日(土)の間15名の中国大規模養豚場の経営者が訪日しました。中には中国で2番目に大きい農場主も参加していました。母豚飼養頭数58万頭だそうです。ちなみに日本全体の飼養頭数が約80万頭ですからこの農場だけで日本全体の72.5%飼養している事になります。

中国も日本と同様小規模養豚場が激減し大規模農場が更に大規模化しているそうです。国土の広い中国では公害問題の規制がかからない場所が沢山あり新しい農場展開に対して日本ほど国の規制は厳しくないそうです。

日本で訪問した企業のレベルは高く栄養、衛生、環境、育種、肉質、繁殖全てにおいてレベルの高い交流会が開催されました。

フロンテイアインターナショナル K

201811693831.JPG

IVOSII希釈精液分析装置の販売開始

20181912138.png

長期に亘り輸入申請していたIVOSⅡの輸入許可が受理されました。

IVOSⅡは家畜精子を分析する装置で最も最新の優れものです。この装置を使用することにより国内のAI技術が進歩し経済効果も膨大なものとなります。

別名CASA (Computer Assisted Semen Analysis)システムと言い人間が顕微鏡を覗いて精液性状を目視で判断する必要がなく全て全自動で分析されます。従って個人差による判断基準の誤差もなくなります。

2018年の明るいニュースです。

今年最後の願掛けブラリ旅

2017122511457.JPG

先日忘年会の挨拶で2017年は土作りと種蒔きの一年でした2018年は花が咲き実りある収穫が出来るでしょう(戌年でワンダフル)と挨拶しました。

更に自分を信じ美味しいお酒を正月に頂く為に12月21日(木)日光へ願掛けに行ってきました。
知っている日光とはいえ久し振りの日光で沢山のことを勉強してきました。つつがなくてよかったの"つつが"はお化けの意味だそうです。東照宮の柱一本は逆さに取り付けてありまだ完成していないという印しだそうです。完成していれば終わりを待つだけという意味だそうです。家光公の慕陵にある仁王様の膝には小さな象が彫ってあります。膝小僧の語源はここから来ているそうです。
今更知らない事を知る楽しさを冬の日光で満喫してきました。

日光で"ゆばそば" 宇都宮で餃子をたらふく食べて日帰りのブラリ旅を楽しんできました。

フロンテイアインターナショナル K

20171225114047.JPG 20171225114111.JPG
20171225114142.JPG 20171225114220.JPG

 

新ダウンロード資料:Drニエンミ牛超音波画像診断セミナーの質問事項

2017 年 8 月 28 日、 30 日、9 月 1 日に開催されました牛超音波画像診断セミナーに御参加頂きまして、誠に有難う御座いました。

セミナーアンケートに頂戴いたしました皆様からのご質問内容とニエンミ先生からの回答を弊社ホームページへ此の度掲載いたしました。

こちらにてご確認いただけます: 2017年 Drニエンミの牛超音波画像診断セミナー 質問事項 (各種ダウンロード>>超音波機器関連ダウンロード)

また、セミナー内容に限らず、超音波画像診断装置に関しましてお知りになりたい点御座いましたら、お気軽にご相談ください。

今後、皆様の牛超音波画像診断のスキルアップを祈願いたしまして、ご連絡させていただきます。又、ホームページへの掲載大幅に遅れてしまいこの場を場をお借りしてお詫び申し上げます。

年末年始営業のご案内

お客様各位

 

 平素より格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

さて、誠に勝手ではございますが、弊社では、年末年始にかけて

以下のとおり休業とさせていただきます。

 

◆年末年始休業案内◆

平成29年12月29日(金)午後~平成30年1月3日(水)

※休業中も、FAX・メールはお請け致しておりますが、お問い合わせのご返答は1月4日(木)以降となります。

 

休業期間中は、何かとご不便をお掛け致しますが、ご了承のほど、何卒よろしくお願い致します。

 

株式会社フロンティアインターナショナル

環境負荷の軽減を迫られている中国

11月27日(月)飯田橋駅近くにある日中協会へ呼ばれていってきました。

広東省の環境問題に携わっている18名のグループに対する”アミノ酸を、コントロールした飼料利用によっての過剰アミノ酸の給与抑制と糞尿臭気削減”というセミナーを東京農大の祐森教授が話され私どもの職員が通訳をしました。9月に開催された養豚学会にも中国から環境問題の調査で来日し、来年1月にも同じ目的で中国から来日します。国が豊かになると日本と同じように環境問題の締め付けが厳しくなるのでしょうね。豚の生産を優先し糞尿処理を後回しにした付けが今日の中国の現状なのでしょう。一昔前の日本と同じですね。今中国では、豚肉消費が貧困層で増え裕福層で減っているそうです。動物愛護の問題が中国では何時来るのか検討つきません。

フロンテイアインターナショナル K

20171130132432.jpg

オランダの養豚生産者訪問記

オランダの器材会社からオランダの大規模養豚場のボスと娘が日本の養豚について勉強したい、ついては在日中面倒見てくれないかと依頼されました。

折角の日本訪問で EPP (European Pig Producers)のオランダ代表という事なのでセミナー開催、JPPA (Japan Pig Producer Association)訪問、豚肉販売店視察、豚肉専門レストランでの会食を企画し11月21日(火)22日〔水)に実施しました。オランダは豚の生産が300%で内200%が輸出100%が自国消費〔一人当たり年間38kg消費)ということで自給率50%(一人当たり年間14kg消費)という日本とは生産ベースが違いすぎます。
そんな中でも豚の生産方法、食文化の違い、動物愛護の規制等について色々今後大変参考になる話を聞けました。
彼が残していった言葉 "Het beroep van varkenshouder blijft toch onomwonden, het mooiste vak wat ooit is uitgevonden"’ 消費者に受け入れられる素晴らしい職業である、養豚の職業に誇りを持て。

何か原点に返ったような気がします。

フロンテイアインターナショナル K.

2017112412482.JPG 20171124124823.JPG
20171124124843.JPG 2017112412494.JPG

 

創立20周年記念に参加して

11月7日〔金)博多で開催された創立20周年記念に招待されました。

この会社(オランダ系水産.畜産プレミックス関係の会社)からリキッドフイードに添加するpH 調整材(BE+)を仕入れている関係からです。

今日まで沢山の創立記念に参加してきましたが今回のプログラムの内要が大変面白く勉強になりました。来賓の挨拶は一切なく樽割りのセレモニーに参加するのみ、主催者は過去現在未来の実績と予測をスライドを使って説明、オランダ本社からの挨拶は主に世界の人口の増加に伴う動物蛋白源の供給体制と飼育に必要な飼料を最小限の抗生物質を使用する又は使用しない(抗生物質の弊害による世界の消費者の死亡率はガンによる死亡率より高い)。

マグロの解体ショー、社長以下社員による軽快な踊りの披露 と参加者を飽きさせない内要で退屈ずくめの挨拶と乾杯のセレモニーに慣れている私にとってとても新鮮な楽しい記念パーテイーでした。

私共も?周年記念を開催する時には是非参考にしたいものです。

フロンテイアインターナショナル K

2017112191910.JPG 2017112191651.JPG
2017112191844.JPG 2017112191948.JPG

 

北海道の秋

20171130134927.JPG10月25日(水)から27日(金)に酪農学園を訪問してきました。

201711301411.JPG中国からの七名の参加者を含めて150人位の研究者が参加しました。中国からの参加者に対しては私の会社の職員が通訳も含めて全て面倒見ました。

一日目は、千歳にある家畜糞尿処理施設の視察、二日目は藻岩山ジャンプ台見学、夜はサッポロビール園で懇親会、三日目は、中国養豚事情の発表でした。
日本側の段取りもよく中国の皆様に大変喜んで頂きました。

来春は東京農大で秋は富山県で開催されます。そろそろ学会の幹事もお役目ご苦労様にさせて頂きたいのですが来年も継続させられる雰囲気です。

フロンテイアインターナショナル K

20171031123511.JPG 20171031123453.JPG